断捨離で運気アップライフ

断捨離とは自分にとって必要な物、要らない物を選別して捨てていく事で物への執着から離れ生活に調和をもたらす思想、整理術です。このブログでは断捨離についてや、断捨離と運気アップがどう関係しているのか紹介していくブログになります。

断捨離のデメリットってどんなものがある?

 

どうも~こんにちは、シャキです。


自宅や部屋の中を見回して
要らない物を選別して捨てる事で
物への執着から離れて心に余裕を持たせる。。

断捨離における基本的な考え方です。


自分にとって本当に必要な物に
囲まれて生活していくライフスタイルは
空間的にも余裕が生まれるでしょうし

どこに何があるのか分かりやすくなるといえますから
とても過ごしやすい毎日を送れそう。

 

 しかし断捨離をしていく上で
中にはちょっと気を付ける
必要のあるデメリットもあるといえます。

 

では、断捨離をしていくデメリットとはなんでしょうか?

 

 【断捨離のデメリットってどんなものがある?】

「自分と向き合う必要が出てくる」

f:id:rune1215:20180520110535j:plain


断捨離って物を捨てていく事が
主眼になりがちですけど

それまで買ってきたものは
自分が欲しいと思ったものや
いままでの自分の価値観に合ったものですよね。


そしてそういった物たちを
捨てるか否かを選別していくという事は

自分が何が好きで何が嫌いで
今自分は何にときめいて、何を必要としているのか?


それらと向き合う必要が
出てくる事ともいえます。

 

自分自身と向き合うというのは
普段あまりやらない事ですから

人によっては結構時間かかったり
嫌だと感じる人も出てくることでしょう。

なので、人によっては
デメリットの項目に入るんじゃないでしょうか。


「直感で捨てて後々後悔する」

f:id:rune1215:20180520110613j:plain

断捨離していく時の基準、線引きがあいまいだと
捨てるか否かの選別に時間がかかって

そこで捨てるかどうか
直感やフィーリングに頼って行うケースがあります。


しかしこういう場合捨てた後で

 

「あれどこにやったっけ・・・
 あ、この前断捨離したんだった・・!」

 

といった具合に何気に必要な物だったりして

 

「やっぱり捨てない方が良かったかも・・」


こんな具合に後悔するケースも多いといいます。

 


後悔して後で買い直すといった
本末転倒なケースもあり


中には思い出に関する品まで断捨離して
取り返しのつかない事態に
なってしまった人もいるので

断捨離していく時はちゃんと基準を設けて
やっていかないとデメリットが発生しやすいといえます。

 

「寂しさに悩まされる」

f:id:rune1215:20180520110708j:plain


今まで部屋の中に物が溢れていて
一気に断捨離してかなりスッキリした・・!!

確かにその分気持ちや心に
余裕が出てスッキリすると思いますが

人によっては物への執着が解けておらず
数日してからとてつもない寂しさ襲われるといいます。

 

これは一気に断捨離してしまった場合に
起きやすいデメリットといえますかね。

しかし、この場合はちょっとずつ
断捨離を進めていけばある程度対処は可能ですし

断捨離した後の空間にも
しばらくすれば慣れていくと思うので

そこまで重大なデメリットではないといえるでしょう。

 
「他人のスペースが散らかっているのも気になる」

f:id:rune1215:20180520110649j:plain


定期的に断捨離して
断捨離していく事が1つの習慣になっていくと

なんだか散らかっていると
無性に物を捨てたくなってくるといいます。

 

それが自分の会社のスペースなら
まだ許容範囲だと思いますが

他人のデスクや職場の空間にまで
その考えがいってしまうと

散らかっている空間そのものに
イライラを覚えたり片付けたくなる
衝動に駆られていくので


妙なところでストレスを覚える機会が増えます。


実際にやったら問題になると思いますので
その場合は考えをちょっと改めていった方がいいでしょうね。

 

「過去の思い出を思い出さなくなる」

f:id:rune1215:20180520110823j:plain


思い出って過去の品々を眺めて
そこから思い出されるって事あると思います。

・友人と一緒に旅行した際に買った物

・子供の頃に親から買ってもらったおもちゃ


・祖母から引き継いだ古い品々

  
しかし部屋の中でスペースを取ってしまい
これはもう捨てた方がいいかな・・といって
過去の思い出の品々も断捨離していくと

それらの品々は視界から消えてしまうので
過去の思い出に触れる機会がなくなります。


この場合は捨てるものをデジカメなどで撮って
データ化しておけば後々見返すことが出来るので

ある程度捨てた後の
感情の反動を抑えることは出来ると思います。

 

とはいえ、思い出の品々を断捨離して時は
よく考えてから行うようにしましょう。


「断捨離のデメリットってどんなものがある?まとめ」

はい、今回は断捨離の
デメリットについていくつか書いていきました。

 

断捨離によって得られる効果は
色々素晴らしいものがありますけど

反面いくつかのデメリットが
あるという事も理解しておきましょう。


ではでは、また次回に~。

断捨離後にリバウンドしない方法や習慣について

 

どうも~こんにちは、シャキです。

 

断捨離後のリバウンドって聞いた事ないでしょうか?


これは断捨離をして部屋の中が
ある程度スッキリしたはずなのに

気づいたら何だか知らないけど
断捨離前と同じか・・

はたまたそれ以上に物を買い集めて
部屋の中が乱雑な状態に戻ってしまう事を指します。

 

いらない物を選別して捨てて、物への執着をなくして
スッキリしたかったはずなのに

断捨離した後でリバウンドしてしまった場合は
断捨離する上でも目的意識が
あいまいだったのかもしれません。

 

今回は断捨離後にリバウンドしない方法
習慣などについて見ていきたいと思います。

【断捨離後にリバウンドしない方法や習慣について】

「そもそもどうしてリバウンドしてしまう?」

リバウンドしない方法について見ていく前に
ひとまずどうしてリバウンドしてしまうのか?

その点についてちょっと確認していきましょう。

 

・断捨離した後どうなりたいのか?ゴールのイメージがあいまい

f:id:rune1215:20180520103218j:plain


本来はいらない物を選別
それらを捨てて物に対しての執着を
なくしていくことで

心にゆとりを持たせていくのが
断捨離の目的といえますが


ただ単にいらない物を捨てて部屋をきれいにする!


こういう風に解釈を間違えて
ただ捨てていって部屋を
きれいにすることを目的にすると


きれいになったところで目標に到達するので
その後で色々物を買い直すといった状況が起きやすく
リバウンドが出てきやすくなります。

・友達、知人がいつ来ても大丈夫な状態にしておく


・きれいな部屋の状態を維持する

 

断捨離した後どうなりたいのかのイメージを明確にしましょう。

 

・捨てる基準があいまいな状態で断捨離した

f:id:rune1215:20180520103318j:plain


断捨離する時捨てる基準があいまいで
明確になっていない中いらない物
いる物を選別していき

表面上とりあえず断捨離してみた・・

 

こんな覚えないでしょうか。


捨てる基準があいまいだと後々になって

 

「あれ、これ足りない・・・!」


「あ、あれ必要だった・・・」

 

こういった具合に後で
物を買い足していく必要が出てくるので

そこでリバウンドが
発生するなんて状況が生まれます。

 

これは断捨離の試行回数が
少ない時に起きがちな事だといえるので

何回か断捨離を繰り返していく中で
捨てる基準、線引きを明確なものにしていきましょう。


・ストレスから勢いで断捨離した

f:id:rune1215:20180520103422j:plain


ストレスが溜まっていた、もしくは
そういう気分だったか突発的に断捨離した。

この場合、断捨離は本来、物を捨てて
物への執着から離れることが本質ですから

勢いで断捨離していくと
この心の準備が出来ていない可能性が高いといえます。


表面上は勢いよく捨てていっても
心の内側ではそれらを捨てる事に抵抗があった・・

こういう風に思っていたかもしれません。


そして後々気持ちが落ち着いてから部屋を見回してみて

 

「あ。。あれ捨てたんだっけ・・しまった・・!」


なんて具合に買い直す羽目になるわけですね。


なのでストレスや気分から
突発的に断捨離をしていくと
リバウンドを引き起こす可能性が高いといえます。


「断捨離後にリバウンドしない方法、習慣とは」

・断捨離した後の部屋を紙に書いてイメージする

f:id:rune1215:20180520103503j:plain


断捨離した後どういった部屋にしていきたいのか?


そのイメージを頭の中で反芻させていくだけだと
いまいちイメージが掴みにくいといえます。


この場合は自分が
どういった部屋にしていきたいのかを
ノートなどに実際書き起こしていくか


なんとなくでいいので
イラストなどに描き出してみましょう。

 


イメージを文字にしてみる
イラストにしていくだけでも
自分がどういった部屋にしていきたいのか

そのあたり明確になっていくので
それを目標にして断捨離していくことができます。

 

ちなみに実際に紙に書き起こしていく点がポイントです。

 


それを目に見えるところに置いておき
常に意識しておくようにしましょう。

 

・断捨離した後余計は物は買わない

f:id:rune1215:20180520103547j:plain


これは断捨離の「断」の部分ですね。

余計なものを買わず
物を増やさないといった部分は
断捨離においては基本的なポイントです。


断捨離したら

 

「あ~これで断捨離終わった~」

 

といった気持ちになってしまいますけど

断捨離した後も断捨離は続いているんですね。


スペースに余裕が出来ると
人はそこに何か置きたくなるものですけど

そのスペースは本当に
必要な物が出てきた時に取っておくべきです。


なるべく余計なものは買わないように努めましょう。


・ちょっとずつ断捨離していく

f:id:rune1215:20180517171434j:plain


ダイエットで一気に減量して
その後ドカ食いしてまた太ってしまった・・

こういったリバウンドの話割と耳にしますけど

 

断捨離する時に一気に物を捨てていくと
これと同じようように
また物を買い足していく状況が出やすくなります。

 


この場合、一気にやっていかず
ちょっとずつ断捨離していくのはどうでしょうか。

 


捨てるかどうか迷ったら
一旦「保留のボックス」などに入れておくなどして
捨てる事に納得してから捨てたりとか。

部屋の一区画だけ
1日のうちの30分だけ断捨離に取り組むとか。

 

自分なりにルールを設ける
区切って断捨離していくようにすれば

勢いで断捨離してその後リバウンドしてしまった・・!

といった事態起きにくくなるはずです。


なのでちょっとずつでもいいので
あなたのペースで断捨離していきましょう。

 

「断捨離後にリバウンドしない方法や習慣について・まとめ」

はい、今回は断捨離後にリバウンドしない方法
習慣などについて見ていきました。


断捨離は時には勢いも必要ですけど
自分の気持ちが整理されていない状況下でやっても

後々リバウンドを引き起こして
本末転倒な状態になりやすいといえます。


まず自分の気持ちに寄り添いつつ
自分のペースで断捨離を行っていくと
いいのではないでしょうか。

 

ではでは、また次回に~。

断捨離しすぎた!捨てると後悔するものって何?

どうもこんにちは、シャキです。

 

家の中の要らないものを捨てて
物への執着から離れる。

それによって家の中の
運気の流れを良くして幸運を引き寄せていく。

 

このあたり断捨離をしている人なら
ちょっとは意識していることなんじゃないかと思います。


毎日生活していれば家や部屋の中で
必要ない物とか当然出てくるでしょうし
そういった物を断捨離していくのは大切な事です。

 

とはいえ、断捨離した後で
とてつもなく後悔した・・
といったケースも少なくないんですね。


なので断捨離をする手間
前もって断捨離すると後悔してしまう物については
あらかじめ知っておいた方がいいかもしれないです。


なので、今回は捨てると後悔しそうな
物などについて見ていこうかと思います。 

【断捨離しすぎた!捨てると後悔するものって何?】

「昔の写真」

f:id:rune1215:20180520101304j:plain


リビングの収納棚の中で
結構スペースを取りがちになる
アルバムの中の昔の写真類。

 
このあたりの品々は
結構断捨離の対象になりがちですけど

そのまま断捨離してしまうと
後々になって後悔したといった話をよく耳にします。


最近は色あせた写真など
画像加工によって補正してデータとして保存とか
PCやスマホでちょちょいとできるので

そのまま捨てる位なら
データ保存しておくと良いのではないでしょうか。

これなら後悔の念も少なくなるはずです。


「PCやスマートフォン

f:id:rune1215:20180520101411j:plain


現代においては生活の
必需品筆頭かなと思えるPC、スマートフォン

 

ただ、人によっては
毎日のメール確認をする程度だから
もしかしたら必要ないかも・・?

とか思って断捨離の対象にするかもしれません。

 

 

しかしPCやスマートフォンがない生活って
自分からしてみればもう考えられないですね。

 


スマートフォンがあれば出先で
カメラで手軽に写真撮れますし

他者と連絡を取ったり、知りたい情報を
即座に検索して知ることができます。

 

PCにしても仕事をしていく上で
資料作成とか情報のやり取りとかで
必要になりますし・・・


まず断捨離はしない方がいいと言えるでしょう。


「喪服」

f:id:rune1215:20180520101513j:plain

喪服って毎日のように着るものではないし
流行にも左右されにくい。

あと結構いい値段するので
基本断捨離の対象外なんじゃないかと
思うんですけど

人によっては断捨離してしまう人もいるとか。

 

でも訃報っていきなり伝えられるものですから
そういった時に喪服がなかったりすると大分焦ります。

仮に自分が着れなくなっても
その喪服を娘さんが着て葬儀に
出席したという話もあるので

残しておいて損はないかと思います。

 

「アナログ時計」

f:id:rune1215:20180520101538j:plain

時計って意外とないと不便に感じるものです。

スマホがあればいつでも
時間なんて確認できるんじゃ・・?

確かにそれはある意味では正しいです。


しかし、急いでいる時に時間を確認したい時

そのためにはスマートフォンを手にとって
画面を起動させて見るという
一動作が必要になります。

 


でも、リビングとか部屋に
アナログ時計を置いておけば
そっちをパッと見るだけで時間を確認できます。

時間にすればほんの数秒ですけど
このほんのちょっとの一動作に

小さなストレスを感じていると
あとあと大きな反動になって返ってきます。


なので、すぐ時間を確認できる
アナログ時計は置いておいて損はないかと思います。

 

「お気に入りの本」

f:id:rune1215:20180520101656j:plain

本とか漫画本ってだいたい
断捨離をしていく時の筆頭対象ですけど

断捨離をしていく時は勢いよく捨てていったけど
いざ捨ててしばらく経ってみると

 

「あ~~・・あの本また
 すごい読みたくなったけど捨てちゃった・・・」

 

「今確認したらあの本絶版で
 もう手に入らなかったんだ・・すごいショック」

 

なんて事態に陥るケースも少なくないようです。

 


最近だと電子書籍で売り出される
ケースも多いといえば多いですけど

捨ててしまった本が
電子化されていないというケースもあるので

本を断捨離していく場合は
そのあたり考えて捨てていくようにしましょう。

 

もしくは自分で裁断機とスキャナを準備して
自炊していくという手もありますね。

まあこれは結構手間がかかるので
やる気力のある人が行うといいと思います。

 
「枕やベッド、布団などの寝具」

f:id:rune1215:20180520101735j:plain

枕とかベッドって断捨離の対象になるんだ・・と
個人的にはびっくりなんですけど

割と捨てたくなる気分になる人
いるみたいですね。


しかし、枕やベッド、布団などを断捨離して
寝袋などで寝る・・・この生活は正直きついと思います。


人によって違うと思いますけど
だいたい5~8時間はベッドや布団に
横になって寝ている時間となります。


寝ている時間は脳の記憶整理とか
体の疲れを取る時間にあてているので

睡眠の質を引き上げることは
充実した生活を送っていくうえで大切なことです。


しかし、枕にベッド、布団など断捨離していくと
睡眠の質はどうしても低下します。

 

睡眠の質が低下すれば体の疲れも取りにくくなり

なんだか分からないけど、最近調子悪い・・・

こんな具合に本末転倒な事態になっていきます。

 


断捨離に熱が入りすぎて
睡眠の質まで下げてしまっては元も子もないですから

枕やベッドなどの寝具は断捨離しない方が無難ですよ。

 
「断捨離しすぎないためにはどうする?」

断捨離していく時は思い切りが
大切ではありますけど

それが行き過ぎると断捨離しすぎた!

といった状況になるので

 

「一旦保留のボックス」を設けるようにしましょう。

f:id:rune1215:20180520101904j:plain


捨てていくかどうか迷った際に
このボックスに一旦置いておいて


あとあと1ヶ月単位で
必要か否かを判断していくんです。


そして半年~1年位経過して
未だにそのボックスに入れていたら


その物は自分にとってさほど重要でない
必要でない物といえるので捨てていく・・・

 


こういった感じに一旦保留のボックスに
入れておけば断捨離しすぎた・・!!

といった具合に後悔することも
少なくなるんじゃないでしょうか。

 
「断捨離しすぎた!捨てると後悔するものって何?まとめ」

というわけで今回は
断捨離しすぎた!といった場合
捨てると後悔するものなどについて見ていきました。

 

断捨離して必要ないものを
捨てていくのはいいですけど

それを手放して生活自体の質が下がっては意味がないです。


自分の生活の質に大きな影響が出てくるものに関しては
断捨離するリストから外しておいた方が無難でしょう。

捨てていく際はそのあたり考えて
断捨離していくようにしてください。

ではでは、また次回に~。

断捨離できない人の特徴や克服する方法について


どうも~シャキです。

 

断捨離をすると家の中
部屋の中の空間がスッキリするから

心にも余裕が出来て
良い運気を引き寄せるらしい

ならちょっとやってみようかな?

 

こんな感じに運気をアップさせていくのにも
効果があると知るとなかなかどうして
やってみたくなる断捨離。

しかし、いざ取り込んでみると
意外に作業が進んでいかず

思った以上に物が捨てられない・・・


こういった人もしかしたらいないでしょうか。


この場合、物を捨てる事に対する
変な罪悪感とか抵抗感などが邪魔をしていたり

断捨離をして実際のところどうなりたいのか?

そのあたりの目的が
ちゃんと定まっていないことが原因とされます。


今回は断捨離できない人
物を捨てられない人の特徴や克服する
方法について見ていきたいと思います。

 【断捨離できない人の特徴や克服する方法について】

「とにかくもったいない精神が働く」

f:id:rune1215:20180519115426j:plain

日本人に結構根深く
根付いているんじゃないかと思われる

「もったいない精神」


本来は仏教用語に由来する言葉だったそうで
物がその場に形を成して残っているからには
最後までその物を大切にしよう。

こういった考えが古くから日本にはあります。

物を無駄にしない考え自体は世界中にもあるものの
「もったいない」を表す単語って他にないそうです。

 


確かに物を大切にする精神は大切だと思います。

しかし、それで部屋の中がいつまで経っても片付かず
ごちゃごちゃした状態が続いて

部屋の空気を息苦しいものにしているなら話は別です。

 

もったいないといいつつ残している物は
ちゃんと使っている物なのか

はたまたただそこに置いて
使っていないものなのか?


後者の場合だったら
運気を下げる原因になっていくので
捨てる決断をしておきたいところです。

「後でもしかしたら使うかも・・!」

f:id:rune1215:20180519115528j:plain


これも断捨離をしていくうえで
出てきがちな考えですよね。

 

「あ、この服まだ着られるかも」

「この本後でまた読み返すかも」

「この調味料賞味期限
 ギリギリだけどまだ使えるかも」


とはいえ、こういった
「使うかも」の対象になった物って

後々また使う事って・・・
ほっとんどないんですよね(苦笑

 

断言します、まず使わないです。


迷いが生じた場合
「一旦保留のボックス」にでも入れておいて

後々1ヶ月単位で見返して
必要か否か判断していく方法もありますが

最終的にはおそらく捨てる事になるだろうと思います。

 

なので「使うかもしれない」の対象になった時点で
それは自分にとってはもう必要でない物に
なっている可能性高いので

捨ててしまった方がいいといえるでしょう。


「物を捨てる事に対する罪悪感が働く」

f:id:rune1215:20180519115613j:plain

物を大切にする精神
考え方は確かに大切なものです。

そういった精神、考え方から物を捨てる時に
なんだか罪悪感を感じてしまう人も
いるんじゃないでしょうか。

特に人からもらった物とか
思い出の品を捨てようとする時に
こういった考えは出てきやすいです。

これは物を贈ってくれた場合
その人の気持ちもその物に込められていると感じるから

捨てる事はその人の気持ちも
捨ててしまうのでは・・

こういう心理が働くからとされます。


「断捨離をして実際どうなりたいのかが明確でない」

f:id:rune1215:20180519115642j:plain

なんとなく断捨離が進まない人の場合

部屋をスッキリさせて実際のところ
どうなりたいのか?

そのあたりビジョンが
あいまいな可能性が高いといいます。

 


なんとなく部屋がきれいな状態になればいい。

 

散らかっている状態から脱却したい。

 


しかしこの程度の目標だと
最終的な目標到達点があいまいなので
断捨離はなかなか進んでいかないでしょう。

 

 

「今週中に本棚の一段だけ
 捨てるか売るか決めてスッキリさせよう」

 

「リビングにある棚の上の飾り物
 いくらなんでも多いから~~個まで数を減らそう」

 


ある程度の基準を自分の中で設けてやることで
自分が何をすればいいのかひとまず
行動の方向性が出てくるので

ちょっとずつでも断捨離を進めていくことができます。

 「断捨離できない状態を克服するには」

さて、上記のように断捨離できない人の
特徴についていくつか書きましたが

つまるところは物を捨てようとすると

もったいないとか
物に対する罪悪感とか、後々使うかも・・


こういう心理状況から捨てるのに
迷ってしまう状態になるといえます。


なので、自分の中に迷わないための
軸を作っておくことが大切です。


・使うかもしれないの時はまず来ない

もったいない、後々使うかもしれない。
だから今の段階では残しておく。

しかし、人っていうのは
きっちり期日を設けておかないと

優先順位的には後々のほうに
おしやっていくところがあります。


そしてまだ使うかもしれないと
判断して残した物は、さっきも書いたかもしれないですが

 

十中八九まず使わないです。

 

もったいない、いつか使うかもしれない・・


物を大切にする、精神や考え方ではありますが

見方を変えてみると
捨てる事ができない人の言い訳のようにも感じます。


迷う位ならいっそスッパリ捨てて処分した方が
あとあとまた捨てるかどうか
迷う分の時間を無駄にしないんじゃないかと思います。

 

・捨てる時に感謝の気持ちで送り出す

f:id:rune1215:20180519115803j:plain

何か他の人からの贈り物を
処分するかどうか考えた時に出てくる罪悪感。

罪悪感が出てくるのは
その物に送った人の気持ちが
込められていると感じるからとさっき書きました。

 


そのため、罪悪感を感じにくくするなら
一旦物そのものと感情とを切り離して
考えていきましょう。

 


その物を贈ってくれたことには
ちゃんと感謝の気持ちを持ちつつ


感情は切り離してその物自体を
捨てるかどうか判断していくんです。

感謝の気持ちは持ちつつも
感情を切り離して考えていけば

幾分か罪悪感は感じにくくなるんじゃないでしょうか。


・写真データに残しておく

f:id:rune1215:20180519115836j:plain

物を捨てると自分の視界から
なくなってしまう・・当たり前な事です。

しかし、物が自分の視界から
なくなってしまう点に不安感を感じる場合
断捨離を進めていくスピードは落ちるといいますね。

 

この状態を幾分か緩和するなら
捨てる予定のある物を写真データに
残しておくのはどうでしょう。


物質的には自分の目の前からなくなりますけど
データとして残しておけば

少なくともいつでも見ることはできます。


データなら幅はとりませんし
よほどのことがない限りは消えないはずです
(HDDがクラッシュしたとかない限り)


そして気持ちが落ち着いたら
その写真データも削除していくわけです。

「断捨離できない人の特徴や克服する方法について・まとめ」

今回は断捨離できない人の特徴や
克服していく方法について見ていきました。


もったいない、使うかもしれない・・・


こういった考えは誰にだってある心理だと思います。


しかし断捨離を進めていくうえでは
作業の弊害になりやすい考え方になるので

断捨離をしていく時は
気持ちを切り替えて作業を進めてみましょう。


ではでは、また次回に~。

断捨離がうまくいかない時の理由!チェックしたいポイントとは

 

こんにちは、シャキです。


断捨離して部屋の中をスッキリさせるぞー!

と考えて思い切ってやってみたものの


なんだか思った以上に進まずスッキリしない。

断捨離がうまくいかない・・・

こういった人も中にはいると思います。

 

そういった場合は大抵断捨離を阻害している
ある理由があるんじゃないかと思っています。

 

今回はそのあたり
断捨離がうまくいかない時の理由

チェックするべきポイントについて
見ていきたいと思います。

【断捨離がうまくいかない時の理由!チェックしたいポイントとは】

「物を捨てる基準を作っていない」

 

f:id:rune1215:20180519113822j:plain


以前こっちの記事で書いてみましたけど

dan-luck.hatenablog.com

 

自分にとっていらないものを捨てていく際
一定の基準を設けておかないと

いざ捨てようと思った時に
まず捨てるかどうかで迷います。

捨てるかどうかで迷っていたら
それだけ時間がかかりますから
断捨離も思ったように進みません。


なので自分の中で
物を捨てていく基準を明確にしてみましょう。

 「余計な物を家の中、部屋の中に入れているのでは」

f:id:rune1215:20180519113927j:plain

断捨離の単語はそれぞれ


・家の中に余計なものを入れない(断)

・要らない物は捨てていく(捨)

・物への執着心から離れる(離)


これらを表しているといえますけど

捨てる事に囚われてしまい
家の中に余計なものを入れないという項目を
守れていないのではないでしょうか。


要らない物を選別して捨てていっても
新しくどんどん家の中に物を入れていけば
それは片付いていきませんよね(苦笑

 


特に家の中に物を入れていってしまう点で
注意したいのが

「無料でもらえる試供品類、ティッシュ、ポイントカード」


などなど。

無料と言われたら
ついつい何かしら貰ってしまいがちですけど

化粧品サンプルとかは洗面所の端っこに。

焼肉のたれとか醤油の使い切りパックとかは
冷蔵庫の端っこに。


ポケットティッシュの類はリビングルームの収納棚に。


といった具合にそのあたりに置いておいて

数日したら忘れてしまうものなんですよね。

 

 

で、結局また後々こういう無料で
もらえるものを貰ってしまい
どんどん必要ないものが増えていくと・・・


なのでひとまず無料でもらえる物の類は
なるべく貰わないようにする。

貰ってしまったらすぐ使い切る癖をつけていきましょう。


入ってくる物の量を減らすだけでも違ってくると思います。

 「収納スペースがあると隠したくなる」

f:id:rune1215:20180519114052j:plain


自宅の収納スペースって多いですか?少ないですか?

収納スペースが少ない場合
物を隠せるスペースも少なくなるので
要らないものを判別しやすいといえますが


収納スペースが多い場合は
ちょっと全体的に見直しが必要になるかもです。

 


収納スペースは読んで字のごとく
物を収納するためにあるスペースです。

うん、何を当たり前な事言ってるの感じですが(苦笑

 


しかし、人って収納スペースがあると
そこにどんどん物を溜め込んでいく傾向が強いといえます。

 

わざわざ要らない物
要る物を選別していかなくても

そこに突っ込んでしまえば
とりあえず片付いたようには見えますから
楽なんですよね(苦笑


しかし、それは結局表面上
きれいに見せているだけですから

断捨離がうまくいかない
1つの理由になるんじゃないかなといえます。

「世間一般の意見や考え方に流されているかも」

f:id:rune1215:20180519114135j:plain


家の中、部屋の中の物を捨てていく際
どうも判断に時間がかかる、すぐに捨てられない・・・

 

この場合世間一般の意見、考え方を参考にしすぎている
流されているからできないといったパターンもあります。

 

断捨離に関する書物とか
ブログなどに書いてある情報を参考にしたとして

 

・洋服は~着一気に捨てるといい

・本やDVDはこれくらいがちょうど良い

・食器類もそんなに多くはいらない


こういった情報を目にして
実践しようとして手が止まるのは
何も不自然なことではありません。


なぜなら世間一般の考え方と
あなた自身の生活スタイル、考え方は異なるからです。

 

これは捨てる基準の項目と似たような部分になるかもですが


断捨離をしていく際自分の中の軸
ルールを決めておかないと

世間一般の考え方に流されて断捨離をしていき
そこで自分のスタイルと世間との
スタイルでズレが出てくるので

 

なんだか自分の思っていたような効果が得られない・・
といった事になります。


だから断捨離していく際は
自分の軸となる考え方
基準をちゃんと設けるようにしましょう。

「物、過去への執着が捨てきれない」

f:id:rune1215:20180519114236j:plain


あと、物とそれに関係する
過去の思い出に執着が残っていると
断捨離をしていく際の障害になりやすいです。


これはその物を捨ててしまうと
過去の思い出すら捨ててしまうという
錯覚に囚われるからと言われています。

しかし、過去の思い出に執着しすぎていると
未来に目が向いていかないので
運気の停滞を招きやすくなります。

 

思い出はきっちり自分の心の中にしまい
感謝の気持ちを伝えながら思い出の品とお別れする・・
そうする事で過去への執着から離れることができます。

 

あまりにも捨てにくい場合は
思い出の品をデジカメなどで撮って

HDDに保存しておくのはどうでしょうか。

捨てる時のハードルがちょっとは
下がるんじゃないかと思います。


そして、気持ちが落ち着いたら
そのデータも削除しておきましょう。

「断捨離がうまくいかない時の理由!チェックしたいポイントとは・まとめ」

はい、今回は断捨離がうまくいかない時の理由
チェックしたいポイントなど見ていきました。


あとは一気に断捨離をしていこうとすると
時間が結構かかるのと、結構疲れるという点から

1回断捨離したらもうしばらくいいや・・
といった具合に面倒になってしまう点もありますね。

 

ですから一気にやらないで
部屋の1スペースごとにちょっとずつ

断捨離していくというやり方に切り替えていくのも
方法の1つといえるでしょう。


いまいち断捨離がうまくいかない・・

 

そういった時は是非
今回の項目を見直してみてください。

 

ではでは~また次回に~。

断捨離の好転反応とは?その理由や症状について

 

こんにちは、シャキです。


一般的に断捨離を行って家の中
部屋の中をスッキリさせていくと

自宅の中の運気が巡るようになっていくから
金運や対人運、仕事運などが

アップしていく効果が期待できる
といった事を前に書きました。


ただ、人によってはこの断捨離を行って
運気が上昇していく過程において

何故か悪い事が続いてしまうといった事態に
あう人もいるといいます。


「断捨離したら色んな運気が
 上がるってあったのにどうして??」


そんな風に裏切られた感覚を覚える人もいるでしょう。

しかし、それは運気が上がっていく過程における
断捨離の好転反応かもしれません。

今回はこの断捨離の好転反応という
部分について見ていきたいと思います。

【断捨離の好転反応とは?その理由や症状について】

「断捨離の好転反応、その症状について」

断捨離をする事で臨時収入があったとか
部屋がスッキリして作業効率がアップしたといった
話を色々聞く中で

どうしてか分からないけど、なんだか嫌な事が続く・・

f:id:rune1215:20180517171233j:plain

例えば


・断捨離して数日後に風邪でダウン

・肌に吹き出物やニキビが出てくる

・お腹の調子がいきなり悪くなる

・訳も分からずイラつく

・なんとなく体の調子が悪い、だるい

 

断捨離をしてから数日経過して
こういった症状が出てきた場合は

断捨離における好転反応の可能性が高まります。


特に部屋の要らない物を大量に一気に捨てた場合
このあたりの好転反応が出やすいといいますね。

「断捨離で好転反応が出てくる理由について」

断捨離って家や部屋の中の要らない物を選別して
整理してどんどん捨てていく整理術みたいな
ところありますけど


本来は自分にとって必要な物を残していくことで
部屋全体の調和を見つめ直していく事といえます。


・入ってくるものは自分にとって必要な物に限定する(断)

・自分にとって要らない物は捨てる(捨)

・それら物への執着から離れて心を開放する(離)

f:id:rune1215:20180517171337j:plain


これらの作業って思ったよりも頭を使いますし
ゴミ袋何袋分も要らないものを選別していたら
体力の方も結構酷使すると思います。

日常生活においてこういう作業って
習慣になっていないと意外と疲れますから


慣れない事をしたから
体に不調が出てくるといったケースが多いといいます。

 


あと、もっとスピリチュアル的な観点から見るなら

 

「部屋と体は繋がっている」

 

という考え方ですね。

部屋の状態はまさに心の状態を
表しているといった考え方で


部屋の中の要らないものを
選別して捨てていく事で

心に余裕が出来てデトックスされ
それが体の方にも影響してデトックス効果として
一時的な不調が出てくる・・

こういった考え方です。


個人的にはこういう
スピリチュアル的な考え方割と好きなので
なんとなくこっちの方が自然に感じてしまいますね。

「断捨離の好転反応がつらい時はやり方を変えてみては」

運気がアップしていく過程で
出てくると書きましたので

そのまま断捨離を続けていれば
そのうち不運が続く好転反応の状況から抜け出して
幸運が訪れると思いますけど


体の不調や不運な状況があんまり辛いなら
もしかしたら断捨離のやり方に
難があるのかもしれないです。

・ちょっとずつやった方がいいかも

f:id:rune1215:20180517171434j:plain

断捨離をしていく際一気に
やってしまおうとするするケース多いですね。

ただ、一気に選別して一気に捨てていくと
捨てた分確かに心の余裕はできるものの

ポッカリ心に穴が開いたようにもなるので
そこで不調やストレスを感じる人もいます。

特に真面目な人、完璧主義者な人は
きっちり断捨離をしないと気がすまず

しかしきっちり一気に断捨離すると
それだけ好転反応が起きやすいですから
このあたり悪循環といえます。


だから、一気にやらないでちょっとずつ
スペースを区切って断捨離していくといいでしょう。

 

・断捨離で幸運になる事を意識しすぎる

断捨離をすれば色んな運気が
高まっていくのは確かといえますが


あんまりそこの部分を期待し過ぎると
思ったほどに幸せな状態にならないとなった時

その期待していた分の反動から
ストレスを感じてしまうといったケースもあるといいます。

断捨離で得られる効果は
運気がアップしていくだけではないですから
そこに囚われすぎないようにしておきましょう。

 

 ・断捨離そのものを目的にしない

f:id:rune1215:20180517171617j:plain


最初は部屋をきれいにしよーと思って始めた断捨離も

続けていくうちに

「物を捨てないといけない」


といった妙な強迫観念を
抱くようになっていく人もいるといいます。


部屋の中に要らない物があったら
とにかく捨てる、捨てないといけない。

 

こういった考え方が無意識ながら芽生えて
常に部屋の状態が整理されていないと落ち着かなくなるとか。

 

これだと断捨離そのものが
目的と化していないでしょうか。

 

しかし、あくまで断捨離は自分にとって
必要な物を選別して心に余裕のある生活を
送るための手段です。


断捨離することが目的となっていないか
今一度見直してみてはどうでしょうか。

 

「断捨離の好転反応とは?その理由や症状について・まとめ」

はい、今回は断捨離の好転反応について見ていきました。


断捨離による好転反応
部屋の中を一気に整理して要らない物を
大量に捨てていった時に起きやすいです。

 

大量に捨てればそれだけ
心身に生じる反動もそれなりに大きく
ストレスとなって出てくる可能性ありますから

個人的にはちょっとずつ確実に
断捨離を進めていった方がいいのかな?

と感じるところですね。

 

これって断捨離の好転反応かな?といった方は
やり方の方を見直していくといいでしょう。

ではでは、また次回に~。

 

リビング収納の断捨離のやり方やポイントとは?

 

こんにちは、シャキです。


一般家庭におけるリビングルーム・・

つまり家族で食事したり

食後にお茶の見ながらテレビ見たりする
居間のことですね。

 

この空間っていつも掃除している割には
なんとなくスッキリしないな~と
思っている人多いのではないでしょうか。

 

そしてリビングには
大抵備わっているいるかなと思われる
リビングの収納棚とか。

あのあたりの収納スペースって
結構雑多に物を置いていたりしないですかね。

 


自室と異なり空間自体が広めなので
色々な物を置いても多少は目につきにくいですけど

それも溜まってくれば

 

「なんだか窮屈に感じる・・・」

 

と思い始めるものです。


今回はリビングにおける収納スペース
断捨離のやり方やポイントなどについて
見ていこうと思います。

 【リビング収納の断捨離のやり方やポイントとは?】

「リビングが散らかりやすい理由として」

f:id:rune1215:20180517164526j:plain

リビングルームってそもそも最初から
雑多な何かをやる事が目的の部屋らしいですね。

台所、寝室、お風呂場とかは
それぞれ部屋の用途が決まっているのに対して
リビングルームはそのあたり別に明確に定まっていません。


あと空間自体が広めですから
なんとなくこざこざした物を置いたり飾ったりして
物が散らかりやすくなるといえます。

 

 

このあたり家族の人数とか
子供がいるのかいないのか

どれくらいの時間リビングルームにいるのかなど
異なってくるのでなんともいえないですけど


共通している部分としてはだいたい
家の中の中心的な部屋になっているという
点じゃないでしょうか。

 

 

リビングルームに物が雑多にありすぎると
それだけ空気が淀んだりスッキリしない状態が続くので


運気の面でいったらやっぱり出来るだけ
いらないものは捨てて片付けていった方がいいです。

「リビングルームにおける断捨離のやり方、ポイント」

・リビングルームにそれぞれ個人の物は置かない

 リビングルームは家族が集まる部屋ともいえるので
家族それぞれのスペースという事もできます。

しかし、だからといって
ここに家族それぞれの物品を置いていくと
それだけでごちゃついた部屋になっていきます。

 

まず家族それぞれの物は
それぞれの部屋に戻していってみましょう。

その後で、それらの品々を
捨てるかどうか後で決めていきましょう。

ひとまずこれだけでちょっとはスッキリするかと思います。

 ・似たような物があったら捨てる

f:id:rune1215:20180517164702j:plain

同じ部屋に用途が似ているものが2つある場合
一方は必要なくても問題ない場合が多いといえます。


だいたいそうですね。。



・ソファ ・テーブル&椅子

・時計 ・ゴミ箱 ・扇風機&暖房器具 

・ラジオ ・CDコンポ ・くずかご



こういった品々はお気に入りの物を残して
一方の物は処分していく事を考えていきましょう。

あ、テーブルと椅子はもちろん
家族分1セット単位で考えてくださいね(苦笑

 ・雑多に感じるもの、多すぎるものは捨ててしまう

リビングルームにある物で
なんとなく雑多に感じる物ないでしょうか。

もしくは数が多くて減らしても
問題なさそうな物とかですね。

f:id:rune1215:20180517165057j:plain

・はさみとかカッターなどの工具類

・メモ帳の紙など

・シャーペンやペンなど文房具類

・薬類

・写真立て

 

・カレンダー

・飾り物

・ゲーム機

・ゲームソフト

・DVDやCD

 

・リモコン

・おもちゃ

・人形やぬいぐるみ

・カタログ

・本や雑誌など

 

・花瓶

・観葉植物など

・置物の類

・コード類

・スリッパ類

アロマキャンドルなど


ざっと書いていきましたけど
多分まだいろいろとありそうです。


特に文房具とかメモ帳の類とか
どんどん溜まってなんでこんなにあるんだろう・・
みたいな状態になっていないでしょうか。


物が増えて多くなっていくとそれだけで
雑多な印象になるので出来るだけ少なくして
捨ててスッキリさせていきましょう。

「リビング収納の断捨離をやっていくポイントとして」

f:id:rune1215:20180517165205j:plain

あと、リビングの収納スペースとか
ここは一旦目に入らなくなる場所といえるので

改めて見直してみると特に要らない物が
入り込んでいるケースが多いといえます。


人によっては見直してみたら
ゴミ袋2~3つ分くらい要らない物が
溜まっていたなんてケースもあります。


この収納スペースを断捨離していく場合は

「1段1段確実に断捨離していく」

という点がポイントですかね。

 


一気にやっていく気力がある人は
一気にやってしまうのがいいですけど


結構時間と労力が必要になってきますから

中途半端なところで断捨離が
終わってしまう事もザラにあります。

それだったら1段1段

・必要な物


・要らない物


・とりあえず保留な物

それぞれに分けておき、とりあえず保留な物については

「とりあえず保留ボックス」


を設けてそこに一旦置いておきましょう。

 

で、保留ボックスに置いたものは
1ヶ月単位で見直してみて半年~1年位の期限を設定し

その期限がきて保留ボックスに入っていたら
潔く捨ててしまうというルールを作るんです。

 そうすればいつまでもリビングの収納棚に
収まっていることもなくなるでしょう。

 

 1段1段確実に整理していく事で
収納棚の中も確実にきれいになっていきますよ。

「リビング収納の断捨離のやり方やポイントとは?まとめ」

 今回はリビング収納の断捨離のやり方
ポイントの部分について見ていきました。

リビングルームはどうしても
色んなものが集まって雑多な印象になりやすいですけど

そういった時こそリビングルームの断捨離を進めて
スッキリした部屋作りを目指してみましょう。

ひとまず


・文房具類 ・DVDやCD類 ・紙束 ・飾り物類


こういった捨てやすそう、売って処分できそうなもの

このあたりを断捨離していくだけでも
結構スッキリしていくので
まずここから始めていくといいのではないでしょうか。


ではでは、また次回に~。